世界初のソーラー発電の自動車道がオランダで開通した。
その自転車道はアムステルダムの郊外のクロメニー、ヴォルメルフェアにあり、
70メートルの長さで、今年11月12日に開通した。

この新しい太陽光発電の道路は約3百万ユーロ(日本円約4億2千万円)がかかっている。
これは一つの大きなステップであり、地方議会は2016年までに100mへの拡張を計画している。
更なる賞賛される計画は、道路標識の光から電気自動車のソーラーパネルの全ての動力源作り出す事を考えている事だ。

solarpanel_太陽光発電

通学・通勤者はそのサイクリングロードを使いやすいやかっこいい毎日の通勤道路と見ている。
1日平均約2000人の自転車を利用する人がこのサイクリングロードを使うと見られる。

これはエネルギー転換が議論される今の時代には革新的なものになるだろう。
やはり、1日中電力を消費する信号などの交通標識から電力の使い方を変えれば、
これは大きな電力革命を起こせる第一歩なのかもしれない。
ソーラパネル_太陽光発電

Sponsored Link


オランダは「太陽光発電・サイクリングロード」で世界1の国への海外反応

さすがオランダです。何事も進んでいる先進国。

これが色々なところで普及したらすごいね。

電力革命に繋がるんじゃないのかな。

日本の大阪でも今サイクリングロードを作り始めてると聞いたよ。東京も難しいかもしれないけど、必要だよね。

ヨーロッパ全域でこれが広がったらまずはヨーロッパが世界の手本になってから世界中に見せないとね。

参照:
collective evolution