ドイツのビルトがケルン警察の大晦日の議事録を公開した。
その中には恐るべき事実が書かれていた。。。
独メディアWeltの関連記事のコメント欄には800件近くのコメントが集まっている。

匿名でメディアに真実を暴露した警察官によれば、
大晦日の夜、彼の管轄下の100人の部隊はケルンの中央駅に応援隊として呼ばれた。
「現場に向かっているときに、興奮している人たちや泣いたり、ショックを受けている
子供達から中央駅の中や周りの様子を聞きました」
Cologne_Assaults

警官隊が駅前の広場に着いた時、まだ警察車両が駐車していない段階で、
爆竹が車に投げつけられた。ケルン大聖堂の周り及び駅前広場には明らかに移民系の風貌の男達が相当数立ち、
爆竹やロケット、ビンなどを投げていた。

警察車両が駐車ゾーンに到達したときに、多くの混乱した人たちが駆け寄り、
殴り合い、スリ、強姦、女性への強盗騒ぎなどを伝えていた。

Sponsored Link


コントロールされた移民グループの行動・
犯行現場となった駅構内などの様子リスト

(ビルト参照)

1. にやにやしながら滞在許可証を破り捨て、「お前らには何もできない。俺は明日新しいビザをもらいにいくよ!」と言い放つ。

2. 「俺はシリア人だよ。俺のことをちゃんとフレンドリーに扱えよ!メルケルが俺をここに呼んだんだよ!」

3. その場から退場処分が強制的に行われたものの、関係する人物は何度も現れ、その状況から冗談を行っていた。

4. 人が多いためにプラットフォームは閉鎖されるも、そこの線路上に立ち、
線路の封鎖も引き起こされる。線路の上にはその状況を緩和させない人物が位置していた。

5. 力づくでないと電車に乗車できないシチュエーション、強い者が制す。

6. 駅中に嘔吐物やトイレとした利用された箇所があった。

7. 多くの移民系の男達は行き先もなく、銀行のカウンター待合室で寝ていた。

8. 助けの叫びが聞こえ、被害者、目撃者、容疑者のもとへ向かう警官隊の介入は徒党を組んだ集団に妨害された。

9. 被害者あるいは、目撃者は犯人を特定するところで脅迫されたり、その後にあとをつけるなどしていた。
警官隊が常に居合わせたり、注意深い通行人がいたことから、終わった強姦行為を防ぐ事ができた。
(これはつまり手遅れだったということ?)

大晦日にケルン中央駅構内、周辺で起こっていた真実への海外反応

警察官も大変だな。武力行使を用いたら批判されるから何もできない。銃の使用なんてとんでもないね。

これは本気で言ってんの?これまでメディアが毎日のように難民施設が放火されるニュースを流していたけど、
これで同情は完全に消えた。。。

ドイツに今一番必要なものは、国益を考えられる政党。メルケルや緑の党がいる状態では、事態は悪化するのみ。

シリアの戦争で爆弾の音を聞いていたのに、爆竹には着火できて、人にビンは投げられるのか!?
こいつら本当に戦争難民か?

今回の件で、右派の力が増し、反移民のデモが増える事は確実だろう。
しかし、それがある度に独メディアは保守層を攻撃するのだろう。
ドイツよ、早く目を覚ませ!

あれっ、おかしいな。ムスリムっていつから酒飲んでよくなったんだっけ?

これから、ようこそ難民(Welcome Refugees)なんて口が裂けても言えないだろ???

参照:
Bild
http://www.bild.de/news/inland/silvester/das-geheime-polizei-protokoll-44048000,var=x,view=conversionToLogin.bild.html
Welt
http://www.welt.de/politik/deutschland/article150713773/Der-schockierende-Einsatzbericht-der-Koelner-Polizei.html
Twitter