インド・ケーララ州にあるヒンドゥー教の寺院で地元の新年を祝う祭りが開催されていた。
それを祝うために飛ばした花火が爆発し、火災が発生した。
その後敷地内の建物が陥落し、多くの人が亡くなった。

インドケーララ州寺院火災事故

死者は最低でも100人出ており、けが人も200人以上
出ていると伝えられている。
インド首相のナレンドラ・ダモダルダス・モディ氏は
現在事故現場に向かっている。

ケーララ州寺院火災の悲劇

このケーララ州のお寺の火災は多くのショックを与える事故と
なってしまった。現在多くのけが人が病院で治療を受けているが、
そのうちの多くが重体であると報じられている。

Sponsored Link


また、死体の多くは焼け焦げており、DNAテストによって、
遺体を特定される必要がある。花火による爆発が起こった時に
千人単位の訪問者が、お寺の敷地内あるいは、建物の中にいたとされる。

目撃者によれば、爆発後には、大きなコンクリートの塊が
宙を飛んでいたとされている。また、最初の爆発音の後に
寺院の中では停電が発生し、多くの人が暗闇の中で叫んでいたことも
目撃されている。

インド・ケーララ州のヒンドゥー教の
寺院の火災に関する報道の動画

参照:
BBC
Twitter