ケルン中央駅近くでパキスタン人、シリア人が襲われけがを負った。
警察の報告では、20名ほどの集団が、6名のパキスタン人に襲いかかり、2名が病院に運ばれた。
その後すぐに、39歳のシリア人が5人組に襲われ軽いけがを負った。

犯行グループは、フーリガンと硬派な暴力的な若者たちで、Facebook上で
、外国人に狙いを定める犯行を申し合わせていたと、ケルンの地元誌が情報を伝えた。

Sponsored Link


同日、電車の中のコントロールで、不審な4名が電車から降りるように命じられたが指示に従わな
かったとのことで、拘留されたが、この事件に関わっているか現在捜査中である。

事件前日には反イスラム化の欧州愛国者・Pegidaのデモが行われた。
fremdenfeindlichkeit
大晦日同市で起きた集団女性暴力事件に多数の難民が関わったていたという報道から、
外国人、移民に対しての不満が高まっている。。

 

参考
Spiegel
Welt
Twitter