15日朝、ドイツの首都ベルリン・シャルロッテンブルグで車が爆発し、
運転手1名が死亡した。
berlin auto exprodiert
ベルリンのビスマルク通り、シャルロッテンブルグの街の中心部に向かっていた1台の
車が走行中に爆発、運転手が死亡した事故でこの爆発の原因ははっきりとわかっていないが、
警察が捜査を続ける中で、爆薬によるものかとみられている。

目撃者の話によれば、走行中の車の中か車の側面で何かが爆破
そのまま吹っ飛び駐車してあった車に衝突した。
事故のあった通りを含め付近の道路は通行止めとなり
現在、爆薬による爆発の線で、警察、殺人捜査班や爆発物処理班などが
現場に出動し大破した車の捜査が進められている。
現場付近では、車内に爆薬がある可能性があることから近隣の住民に窓
を閉め外出しないよう注意を呼び掛けている。

Sponsored Link


事故当初は、2台の車による衝突事故かとみられていた。
原因はまだ解明されていないが、爆弾による爆発であれば、テロの可能性
も出てくる。

参考
Spiegel
Twitter