墓地の従業員がバットやスコップで・車にひかれて2名が死亡

Schlägerei auf dem  Friedhof in Moskau

 

ロシアのニュース報道によると15日の午後モスクワでで一番
大きいKhovanskoye墓地で約200人規模の乱闘が発生し死傷
者が出たという。

警察の広報によれば車で引かれそうになったところ逃げよう
とした際他の車にでひかれて2名が死亡したと伝えている。
警察はこの2名の死亡に関して誰に責任があるのか現在捜査
が進めている。

Sponsored Link


ロシアの内務省がこの事件で50名以上が逮捕されたことを発表したと
ロシアの通信社Interfaxが報じており、またこの乱闘で銃や野球バット
やスコップなどが使われたと発表している。

この乱闘は墓地で働く従業員のうち2つのグループが引き起こしたものと
みられ、死亡したのは乱闘に参加していた1名と警察官1人にだという。
この乱闘は従業員の旧ソビエトとコーカサスからの2つの民族グループ
が墓地での利益の多いサービス事業を得ようと勃発したとロシアのメデ
ィアが報道。
警察はこの乱闘を止めようと空に向かって1発銃を発砲したとレポーター
が話している。この墓地はモスクワ市内で最大、約200ヘクタールの広さ
があるという。

 

 現場の動画  バットやスコップを持って走る男たち

参考
BBC News