フィンランド刃物襲撃の犯人はモロッコ出身18歳の男と報道

Finnland_Messeratack

8月18日フィンランドのトゥルクで刃物による襲撃事件が起こった。
事件後すぐには事件とテロの関係は不明とされていたが、同日夜に
行われた警察の手入れにより事件の背景にテロが関係があると考え
捜査を続けている。

事件をテロの意図があったと取り扱うと翌土曜日に捜査官が公表した。

18日金曜日にトゥルクの中心地で男が刃物で次々に襲いかかり2人
が死亡8人が怪我をした。

亡くなった2名はフィンランド出身、けが人のうち2人は集中治療
室で治療を受けている。

Sponsored Link


犯人は18歳のモロッコ人と報じられた。
犯行後警察によって足を撃たれ病院に運ばれ、犯行の動機については現在ま
で不明である。

目撃者の証言によれば犯人の男は大きな刃物で犯行に及んだとのことだ

参考: t-online, focus