南米アルゼンチン北西部ラリオハ(La Rioja)州で9日にリアリティー番組の撮影中だったヘリコプター2機が空中衝突した事故で、死亡した10人の中に、番組に出演していたフランスの有名スポーツ選手らが含まれていたことが発覚。

ヘリコプター2機は、同州の険しい山岳地域で行われていたサバイバル番組「ドロップト(Dropped)」の撮影の最中に空中で衝突したという。また警察筋は、衝突事故で死亡したのはフランス人の乗客8人とアルゼンチン人操縦士2人だったとしている。

地元当局によると、死者には著名セーリング選手のフローレンス・アルトー(Florence Arthaud)氏、2012年ロンドン五輪で金メダリストを獲得した競泳選手カミーユ・ムファ(Camille Muffat)氏、2008年北京五輪で銅メダルを獲得したボクシング選手アレクシ・バスティーヌ(Alexis Vastine)氏が含まれていた。

Camille Muffat

Sponsored Link


海外の反応・世間の反応

・なんという悲しい事故だ。

・ヘリコプター乗りたくない。

・安全に操縦していたとは思えないな。

・最近飛行機事故が多いような気がする。

・ヘリコプターをよく利用するから人事じゃないよ。

・番組はもうできないね。悲しい事件だ。

・ご冥福をお祈りします。

 

参照:

Facebook