北フランスにあるブリタニー地方で行われた治験で事故が起こり、
現在6名が生命の危険にさらされていると
フランスの健康局大臣マリソル・トゥーレーヌ氏(Marisol Touraine)が伝えた。
1名は脳死の状態であると伝えられている。

France_Medical_Trial

その脳死に陥った患者は北フランスにあるブリタニーにあるクリニックで、
薬物投与の実験がなされるまでコンディションは良好だったと報告されている。
フランスメディアの発表では、カンナビスをベースとした鎮痛剤の治験だったとされる。

Sponsored Link


フランスのル・フィガロによれば、治験はフランス北部のレンヌにある実験室で行われたようだ。
6人のボランティアが治験に参加していたが、投与後6人はレンヌの大学病院に搬送され、
一人は脳死の状態であると確認されている。
フランスの健康局はどこのヨーロッパの薬剤メーカーの治験だったかは明らかにしていない。

RTは臨床的に見て1名死亡という記述をしている。
これから更なる治験事故のディテールが出てくることだろう。

参照:
The Sydney orning Herald
RT
Twitter