先日3人の少女が北ドイツ・キールにあるショッピングモールで
複数の移民系の男から嫌がらせを受けた事件が報道されて以来、
キールでは、女性からの通報が後を絶たない。

これら通報した女性の話では、同じキール中央駅の中に入っている
ショッピングモール・ゾフィエンホーフの中で似たような体験をした
というものだ。しかし、不安から多くの女性が通報を躊躇していたようだ。

キールショッピングモール

警察は現在モールの防犯カメラと容疑者のスマートフォンで撮影された
映像を解析している。容疑者グループは、女性を撮影したり、
ストーキングしたりなどの嫌がらせ行為を行っている。

これまでに主犯格と見られるアフガニスタン人の男2人が逮捕され、
この男達は未成年の女の子を写真・ビデオ撮影し、追いかけ回した。
また、それ以外にも2人の男が一時的に逮捕されていたが、この4人の
男はすでに釈放されている。

Sponsored Link


今度は北ドイツキールが移民の集団犯罪現場になるへの海外反応

難民の犯罪って扱うのが難しいんだよな。強制送還は簡単にはできないのが現場

本当に残念だよ。メルケル首相が国境を開けて、助けようと思って受け入れたのに、
心ない難民がいる。

数十人とか群れで行動していたら普通に怖いよな。

参照:
t-online
Twitter