またもやドイツに衝撃が走る事件が起こった。
ミュンヘンの地下鉄でアフガニスタン系の難民若者が、
女性に嫌がらせをし、その後その行為を注意した年配の男性が
難民の男に襲われた。この様子を撮影していたドイツ人が
その後ビデオをフェイスブックで公開、ビデオ再生回数は、
すでに4百万回を上回っている。

アフガン難民犯罪

事件は、ミュンヘン市街のゼンドリンガートア(Sendlinger To)
から中央駅に向かっている地下鉄車両内で発生。
目撃者によれば、その難民は座席に座っていた女性の体を触るなど、
嫌がらせを行い、その後それをやめるように叫んだ年配の男性たちに
襲いかかったり、罵った。この一部始終がビデオの中で見ることができる。

Sponsored Link


最近のドイツではこういった小規模な公共の場での事件が頻繁に
起こっていることが報告されている。警察への通報は行われるが、
犯人が逃げてしまっているケースが多いので、警察官が何もできないのが
現状の問題である。犯罪を犯した難民庇護申請者に対しての措置をドイツ政府は、
行おうとしているが、効果がないのが現状である。
安全と認定された国(Sichere Herkunftsländer)が犯罪を犯した自国民を
引き取りたがらないことも強制送還プロセスを遅らせている要因の一つだ。

このビデオ投稿したドイツ人はフェイスブック上で、
2, 3年前は安心して外にでれたが、今は自分の地元にあるにも関わらず、
安心できないと綴っている。

現場動画

参照:
Bild
Facebook
Twitter