先日のHUBLOTベルリン店強盗に続き、今度はロレックスの店舗に
強盗が入った。警察とのカーチェイスの末、犯人は逃げきった。
この事件で容疑者は売上金と高級時計を持ち去ったようだ。

ベルリンのロレックスに強盗が入る

6月6日の午前0時15分頃にベルリンの西にある目抜き通りの
クーダムにロレックスの店舗で覆面をした4人の男が
店舗の横のドアを無理やり、開け店内に押し入った。
犯人は、店内の金庫から売上金とロレックスの高級時計を多数奪い去った。
その後大きな袋を持った容疑者が黒いBMWの車に乗るところが
近くの音楽イベントの撤収をしていた人たちに目撃されている。

その後通行人によって、巡回中の警察の無線パトルールカーに
連絡が行き、小さいカーチェイスが行われた。
クサンテナー通りまで追跡したものの、そこでターンをして、
警察車両の前方を破損し、容疑者は逃走に成功したようだ。
けが人は出ていない。

ベルリンでは、数年前から西ベルリンにある店舗での強盗事件が増加している。
これまでに西の百貨店であるKaDeWe、アップルストアなどが襲撃されている。
警察の情報では、犯人の多くがアラブ系あるいは東欧系の強盗団であるとされる。

Sponsored Link


メディアの反応

ベルリン警察は目撃者を募っている

ビルト紙もこのロレックスの強盗事件を伝える