ブリュッセル空港での爆発が起こったあとに、
ブリュッセル市内のマルベーク(Maelbeek)地下鉄駅内でも
爆発が確認されている。
写真には、地下鉄駅から上がる煙が確認できる。

メールベーク地下鉄駅爆発事件

マルベーク地下鉄駅は、欧州議会から徒歩7分と近い距離に位置する。
地下鉄を利用する欧州議会議員も多いはずだ。

爆発後マルベーク地下鉄前で撮られた写真

メールベーク地下鉄駅前

これら爆発で最低でも11人以上が亡くなり、
20人以上が怪我をしていると欧米メディアは伝えている。
また、各メディアは、今回の事件がテロ事件と関連しており、
爆発は自爆テロであるとの見方が多数を占めている。
さらには、パリ同時テロ容疑者のサラ・アブデスラムが逮捕された後に
ベルギー当局は、報復テロを警戒していた。
現在この爆発事件を受けて、ベルギー政府は、警戒レベルを最高にしている。

Sponsored Link


これまでの欧米メディアの情報では、爆発が起こる前に
男がアラビア語で何かを叫んでいたことが確認されている。

マルベーク地下鉄駅前の映像

ニューヨーク・パリ同時多発テロの次は
ブリュッセル同時多発テロ

2001年9月11日のニューヨークでの同時多発テロで、
欧米の地上でのテロ戦争は名を知れることとなった。
昨年には2度テロの悲劇に見舞われたフランス・パリだが、
自爆テロやカラシニコフなど、中東で起こっていることが、
今やヨーロッパで起こっているのだ。

今回は、欧州の首都ベルギー・ブリュッセルでも同時多発テロが起こってしまった。
これまでに、テロ組織からの予告や発表はされていないものの、
空港での爆発テロと地下鉄での爆発が関連があるのは確実だろう。

ブリュッセル空港内の様子が明らかに

ブリュッセル空港内けが人

ブリュッセル空港内様子

ブリュッセル空港内状況

参照:
CNBC
Bild
Twitter