1月6日朝、ドイツ・ベルリンの首相官邸で不審な郵便物が発見された。警察は一帯を封鎖し
爆発物専門チームによって分析を行った。
しばらくしてから、この郵便物に危険性がないとして、同日午前11時官邸周辺の封鎖は解除された。Bombenalarm am kanzleramtv

爆発物探知犬が、定期的に行われる郵便物のチェックの際にが反応した。

専門チームによって郵便物の入った箱からは不審物は発見されなかったと、連邦警察は話している。

Sponsored Link


官邸内では予定通り閣議が行われた。

2010年11月にもギリシャ・アテネから送られてきた爆弾入りの郵便物が届いたと騒ぎになっていた。

11月にパリで起きたテロや、大晦日のミュンヘンでのテロ計画情報のあとで、
ドイツのでも安全への緊張状態がが続いている。

 

参考
http://www.tz.de/politik/kanzleramt-berlin-abgesperrt-verdaechtige-postsendung-zr-6010217.html
Twitter