増える少女・女性に対する性的犯罪

Sexuelle Übergriff auf der Musikfestival in Schweden

スウェーデンのカールスタードで6月第一週目の週末に開催された
Putte i Parken、誰もが安心して楽しめるはずの音楽フェスティバル
で30件を超える少女や女性に対する性的暴行が報告された。
最年少の被害者は12歳であると現地の警察が伝えている。

性的嫌がらせにあった女性たちは痴漢行為にあったと話しており、
婦女暴行に関する届け出は出ていない。
この件に関して、警察に拘束されたものはいないが、痴漢行為を行
ったと思われる7人中2人の身元が判明し、未成年の少年であると警察
が伝えている。

Sponsored Link



一方ほぼ同じ時期に開催されていたスウェーデン中東部ノルショーピングの
フェスBråvallaでは女性5人が強姦にあったメディアが報じている。

フェスでの女性に対する性的暴行事件が発生しているのは新しいことで
はないが、年々被害の数が増えている。

フェスの企画者は、多くのセキュリティーがおり、このフェスの参加する
女性にとって、街に出ることよりも危険ではないと思っていると話す。
このような婦女暴行事件はどこでもおこることだが、過去と比べてメディア
で多く取り上げられるようになった。
被害にあった女性を助けることができるのは、被害を届け出ることだと話す。
スウェーデンの音楽フェスでの性的暴行事件が社会の注目を浴びたのは
We Are Sthlmdeの過去2年間のフェスで未成年の少女たちが移民によって
性的暴行を受けていたが警察が隠ぺいしていた事件だ。
2016年の年越しでは、ケルン大晦日集団性暴行事件が発生した。
年越しを迎える人でごった返していたドイツのケルン中央駅とケルン
大聖堂広場でアラブ系や北アフリカ系を主とした千人近くの男
が女性を取り囲み集団性的暴行や強盗事件を起こした。特定された
容疑者のうちほとんどが北アフリカ系の外国人で難民申請中のもの
も多かった。この事件の被害の届け出は1000件を超えた。

 

参考
Die Welt
Twitte