2月15日に予定していたカーニバルのパレードがテロ情報が入ったためにドイツ警察により中止となる措置がとられた。
ドイツ北部の街ブラウンシュヴァイク当局はイスラム主義者による攻撃の脅威があるとの声明を発表している。
警察はカーニバルの来場者へブラウンシュヴァイクへ入らない事を呼びかけている。

Braunschweig_カーニバル

Sponsored Link


また、警察は信頼できる国家治安筋の内部情報を受けた上での措置と説明している。
コペンハーゲンで起きた2件の銃撃事件との関連を示す部分はないとされている。
ブラウンシュヴァイクのカーニバルのパレードはドイツ北部では最大規模のものだ。

15日午後には記者会見が行われるなど、
当局からの現状報告や今後の対応などが発表されている。

参照:
Focus
Twitter
時事通信