ドイツ・ケルンの大型園芸店で、アラブ系と見られる男が、
調合することで爆破物を作ることができる化学物質を購入したことが
確認され、現在この男の居場所が捜査されている。

ケルンテロリスト

ケルン警察は容疑者の園芸店の防犯カメラ間に映った写真を公開した。
男は、45から50歳くらいで、身長は170から175cmほど。
警察の情報では、男は流暢なドイツ語を話し、
典型的なアラブ人特有の尖った鼻で、髪は薄く、
白髪交じりの髭をたくわえているとのことだ。

もしこの男が見つけられない場合は、
2月8日開催予定のカーニバル・薔薇の月曜日(Rosenmontag)
が中止になる可能性があるとのこと。
この決定は、ケルンのあるノルトライン・ヴェストファーレン州の
内務省が行うとのこと。

Sponsored Link


ケルンでテロ計画か・アラブ系の男が現在指名手配中への海外反応

性的暴行事件の次は、爆破テロですか。

この男は、ビン・ラディン系の風貌だな。

ドイツ語話すということは、長く住んでいる中東・北アフリカ系移民とみた。

参照:
Bild
Twitter