ギリシャのレスボス島の送還が決まった難民収容所で難民による暴動が発生。
同国移民担当の大臣が訪れていたが、大臣に瓶を投げつける者も現れ、
警察は催涙ガスを使用し、事態をおさめたようだ。

ギリシャレスボス島で難民の暴動が発生

この暴動で約10人が軽傷を負ったとされる。
移民担当大臣のイオニアス・モウザラス氏(Ioannis Mouzalas)は
収容所を訪れていたが、この暴動により中止に。
数人の難民がゴミ箱に火をつけるなど、事態は悪化した。

ギリシャ4月27日水曜日は49名の違法な手段で入国した移民を
トルコに送り返した。これはEUとトルコが取り決めた条約によるもの。
3月20日以降に違法にギリシャに入国した難民や移民は
トルコに送還される予定となっている。

Sponsored Link


海外の反応

レスボス島に地中海で溺死したイスラム教徒の難民の墓地が作られた。

レスボス島で難民の暴動が起こる。