80人以上が死亡・フランステロ犯名前が明らかに

terror in Nizza über Attentäter

14日23時頃フランス革命記念を祝う仏南部のリゾートで、花火の見物に集まっていた群衆にトラック
が突っ込み80人以上が死亡したテロで容疑者の身元が明らかになった。

トラックにあった身分証明書から容疑者はニース在住の31歳のチュニジア系フランス人であることがす
でに報道されてる。
フランス誌Nice Matinは容疑者の名前をツイッターで明らかにした。

Sponsored Link



男の名前は、Mohamed Lahouaiej Bouhlel 配送ドライバーの仕事をしていた。事件で使用した
トラックは数日前にレンタルされたものだという。

 

フランス当局によると、Mohamed Lahouaiej Bouhlel容疑者はイスラム主義者のテロリストとし
てではなく窃盗や武器を持っての強盗犯罪で警察にはすでに知られていた。

目撃者の証言によると犯人はトラックから飛び降り射殺される前に「Allahu Akbar」アラーは偉大
なりと叫んでいたという。

また 容疑者の自宅は15日朝に家宅捜索され午後自宅近くから爆発物を積んだボルボが発見さ
れ、近隣の2軒の建物が避難している。


このテロについて公には犯行声明は出されていないが、イスラム主義者はインターネット上で
この犯行を賛美しておりISIS(イラクシリアイスラム国)は数か月前に、自動車やトラックを使った
テロを呼びかけていたことから、容疑者とISとの関係が調査されている。

 

 

参考
Spiegel

Nice Matin