ドイツ最大のFKKサウナクラブと呼ばれるアルテミス(Artemis)で
水曜日夜に大規模な家宅捜査が行われた。警察、検察、関税局、
合わせて900名の捜査員がアルテミスに捜査で入った。

FKK_アルテミス

人気FKKサウナクラブ・アルテミスの4月13日水曜日の夜は、
いつもと違った。なんと、警察が家宅捜査に入ったから。
夜19時40分には、店の前の通りは封鎖され、ビルトの情報では、
検察官7名も立ち会っているとのことだ。

人身売買の疑いが向けられる人気FKKクラブ

警察がアルテミスに介入した理由として挙げられているのが、
同店が人身売買に関与しているという疑いだ。
それ以外にも脱税の疑いがあるとも報じられている。

Sponsored Link


ビルト紙によれば、数ヶ月以来異なる捜査局でこの捜査が行われてきたようだ。
2005年にアルテミスがオープンして以来これまでに2400万ユーロ(日本円で
約30億円)損害が出ているとのことだ。

家宅捜査現場前の映像

参照:
Bild