ドイツ警察は、ミュンヘンとザルツブルクの間の高速道路で
3人のコソボ国籍の男を逮捕したと独紙ヴェルトは伝えた。
逮捕の理由はブリュッセルのテロの関連性がある可能性があることから。

南ドイツでコソボ国籍の男ら逮捕

この3名の男はベルギーナンバーの車両でブリュッセルから
オーストリア方面に走っていたところドイツ警察に止められ、
逮捕に至ったようだ。
現段階では、このコソボ人とブリュッセルでのテロ事件との
接点は見つかっていない。

次々に見つかるブリュッセルの
問題地域でのイスラム国との関連性

ベルギーメディアによれば、ブリュッセルでの家宅捜索で
爆薬がつけられたベルトやイスラム国の旗をベルギーの警察が
見つけたと伝えている。

Sponsored Link


現在ベルギー警察は、空港の防犯カメラに写った白いハットを
かぶった男の行方を追っている。
他の2名の男に関しては自爆テロですでに死亡しているとの見方が濃厚のようだ。

ブリュッセルテロリスト

犯人の男たちは、旅行用バッグに爆弾を隠し持っていたとされる。
さらには、ブリュッセルの病院の専門家は、容疑者は犯行に
釘爆弾を使用したと見ている。犠牲者の体の中から釘が見つかったようだ。

参照:
Berliner Zeitung
Welt
Twitter