深夜のポケストップで喧嘩・4人が怪我で病院搬送

Pokemongo verursacht einen Streit

ドイツブレーメンでポケモンGoをプレイしていた19歳から23歳の
7人が喧嘩を始め、4人がナイフで襲われけがをして病院に運ばれた。

26日夜ドイツブレーメンにある市の公園で大人気のスマホアプリの
ポケモンGoでポケモンをジムでバトルさせていた7人が、喧嘩し殴
り合いを始めた。

目撃情報によると1人のプレーヤーは持っていたナイフを取り出し、
他のプレーヤーに襲い掛かったという。

Sponsored Link


この喧嘩で7人のうちけがをした4人が病院に運ばれた。怪我は
刺し傷や切り傷であるが命にかかわるものではないという。
喧嘩の理由は明らかになってい。

23時30分頃、喧嘩の現場に警察が駆け付けた際多くの見物人
のグループができており、警官や救急隊員を侮辱したり大声で喧
嘩に介入してきたことから、現場を落ち付けるため警察は応援を
要請した。

喧嘩が起きた公園はポケモンGo のポケストップになっており、多くの
プレイヤーが集まる場所である。喧嘩の原因は明らかになっておら
ず捜査中である。ドイツでは7月13日にポケモンGoが配信され大人気。
街ではスマホ画面に熱中するポケモンGoファンをよく見かける。

世界70か国以上で配信され大人気のポケモンGoではゲームに夢中になりすぎて
歩きスマホ中にケガをしたり、運転中にプレーして交通事故が起きたりと
各国で問題となっており、注意を呼び掛けている。

 

ドイツの反応

ポケモンGoはルールを守って楽しく遊ぼう

そのうちゲームと現実の世界が分からなくなるやつがでてくるぞ

わざわざ深夜に公園でポケモン?

僕もポケモン探し楽しくてたまらない。一日中歩いていることもある。

喧嘩の理由までポケモンだったらマジ怖い。中毒だな

ドイツでも初めてポケモンGoでナイフによる傷害事件が発生

色々な意味でドイツも危険になった

 

参考
tz
twitter