台北で2015年2月4日午前11時(日本時間正午)ごろ、乗客乗員58人が乗った復興航空(トランスアジア航空)機が市内の松山空港を離陸した直後、近くの基隆河に墜落した事故で同日夜までに15人が救助されたが、25人が死亡、18人は安否を確認できていないことが明らかに。

落したのは昨年4月に納入された双発プロペラ機ATR72型機で、先月26日に点検を行っていたという。中国福建省アモイ対岸にある台湾の離島、金門島行きで、乗客のうち31人は金門島から船で中国に戻る予定の中国人であり日本人乗客はいなかった。

近くのマンションで事故を目撃した男性によると、旅客機は「シューッ」という音を立てながら低空を西側から飛来し、高架道路をかすめて川に墜落。同じマンションの警備員は「エンジン音が聞こえなかった」としており、エンジンに問題が起きていた可能性があるとされている。

尚、復興航空は台湾の離島・澎湖島で昨年7月、乗客乗員48人が死亡する旅客機墜落事故を起こしている。

taiwan

Sponsored Link


海外の反応・世間の反応

・去年くらいから立て続けに飛行機事故が起きるね。。。乗るのが怖くなってしまっている。

・台湾には是非とも旅行したいと思っていたが行きにくくなってしまった。

・飛行機事故多すぎでしょ。。。

・個人的には復興航空またかよと思ってしまった。怖くて乗れない。

・全ての飛行機が危ないとは思わないけどちゃんとサービスは選ぶ必要があるね。

・航空会社にとって損害は大きだろう。

・どんなに遅れてもいいけど、安全確認はきちんとしてもらいたいね。

・非常に残念なこと。被害に会った方にはご冥福をお祈りしたい。

 

参照:

Facebook