ブリュッセル空港の爆破犯であり、昨年のパリのテロ事件に
関与しているとされるテロリストのナジム・ラーシュラウイが
逮捕されたことを英国放送協会は緊急ニュースとして伝えた。
(その後ベルギーメディアはラーシュラウイ逮捕を撤回した!!)

ナジム・ラーシュラウイ

BBCによれば、ナジム・ラーシュラウイはブリュッセルの
アンデルレヒトで対テロ部隊によって確保されたと伝えている。
専門家によれば、ラーシュラウイは今回のブリュッセルの
爆破テロ事件の重要人物として見ている。

パリとブリュッセルを破壊した
ナジム・ラーシュラウイとは?

ナジム・ラーシュラウイには現在、昨年2015年11月13日に
起こったパリ同時多発テロの実行犯としての責任と
今回のブリュッセル空港爆破事件の容疑がかけられている。

Sponsored Link


数日前にパリ同時テロ実行のサラ・アブデスラムが捕まった後に
ラーシュラウイがパリのテロに関わっているとの情報が伝わった。
ラーシュラウイは、24歳のアラブ系ベルギー人で、
2013年にシリアに渡航していたとされる。

難民を装ってヨーロッパに
再渡航したテロリスト達

昨年にサラ・アブデスラム、ナジム・ラーシュラウイ、
モハメド・ベルカイドらが、偽名を使って、オーストリア、
ハンガリー国境でコントロールされていたことはすでに周知の事実だが、
この3人はパリのテロ数ヶ月前にシリアから、トルコ、ギリシャ、
イタリア、ハンガリー、オーストリア、ドイツ、オランダを通過して、
ベルギーに戻ってきたとされ、さらには、途中で南ドイツのウルムにある
難民収容施設に現れていたと施設関係者によって明らかにされている。
容疑者らは、これら移動の中でシンパを探していたとされている。

ナジム・ラーシュラウイ逮捕に関する報道

参照:
BBC
NWZ
Twitter