ケニア共和国北東州ガリッサ県に位置するガリッサ市にある大学にアルシャバーブのテロリストが押し入り、
大学生を人質にとったことをBBCが伝えている。
この事件ですでに最低でも15名が殺害されたとの情報も入ってきている。
また、テロリストが押し入った際に最低でも65名が怪我をしたとも伝えられている。
未だに500名以上の学生の所在が確認されていないことをケニア当局は明らかにしている。

Kenya_ケニア

Sponsored Link


ソマリアを中心に活動するアルカイダ系武装組織アルシャバーブは犯行声明を出し、
多数のキリスト教徒を人質に取っていることを認めている。

ケニアでは2013年にアルシャバーブが襲撃事件を起こしており、
その時首都ナイロビのショッピングモールが襲撃された。

参照:
BBC
Reuters