スペイン王室が今揺れている。
スペイン国王フェリペ6世(King Felipe VI)の姉のクリスティーナ王女(Princess Cristina)は、
スペイン王室の中で被告として初めて法廷に立つことになるであろうと報道されている。

スペイン・マヨルカ島の裁判所は12月22日に事業関連の脱税を行った王女の夫であり元ハンドボール五輪代表選手の
イニャキ・ウルダンガリン氏を助けた容疑で裁判を受けるよう王女に命じたのだ。
また、ウルダンガリン氏は、公金横領と資金洗浄の疑いで起訴されている。
クリスティーナ王女夫妻をめぐる捜査は4年にわたって続けられてきており、
王室一家を危機におとしいれ、今年の6月には前国王のフアン・カルロス1世が退位する原因の一つともなったのだ。

Princess Cristina_王女

Sponsored Link


スペイン王女が王室初の法廷に立つ事にへの海外反応

王室という特別な立場の人が脱税とかやってしまうとな。

日本の天皇やイギリスのウィリアムがどれだけ全うな人間に見えることか。

今こうやって、王室だからと騒がれているけども、昔から王室というのはこういうものだったんじゃないのかな。

 

参照:

AFP