去年以来フランスの港都市のカレーでは不法難民が占拠する
異常事態が続いている。多くの若い移民はトラックへ忍び込み、
イギリス入国を試みている。

ポーランド人トラックドライバー

少し前にハンガリー人のトラック運転手が、Youtubeに上げた
カレーの高速道路上にいる移民がトラックの貨物室に入りこもうとしたり、
トラックに瓶を投げつける様子をおさめた映像が話題になったが、
今度はポーランド人運送業者が自身のフェイスブックに
恐るべきカレーの移民の実態がわかる写真をアップし、
多くのコメントが書かれ、EUヘの怒りが伝えられている。

Sponsored Link


写真の中では、ダンボールの中に潜む移民の男や、
貨物室の中に並んで座っている移民の姿を見ることができる。
知らないうちに移民を運んでしまったトラックドライバーあるいは、
その輸送会社はイギリスから罰金刑を受ける。
カレーを利用する運送会社にとっては、現在そこには大きなリスクがあるのだ。

カレー移民占拠

ポーランド人運送業者コメント簡易訳(一部抜粋)

カレーでのあるトラックの中で破壊された物品の様子。
この破壊されたり、盗まれた物品の金額は約3万ユーロになった。
(日本円で約4百万円相当)
ドライバーは48時間警察に拘束され、5000ユーロの保証金、
裁判での手続き。そのトラックは事が解明されるまで使えない!

そのポーランド人のドライバーは助けが必要で、
家族がいて、子供がいる。一体どこからそんな大金を用意できるんだよ?
自分の従業員をほったらかしにはできない。

参照:
Twitter
Facebook