昨年2014年10月に国際宇宙ステーション(ISS)へ物資を運ぶ米国の無人補給船を載せたロケット「アンタレス」が打ち上げ時に爆発した事故の件で、2月20日、燃料タンク内に不注意で残された乾燥剤がエンジンに入ったのが原因だった可能性があると明らかに。

事故調査に詳しい筋によると、エンジンから結晶化した乾燥剤の破片が見つかったという。
乾燥剤は燃料タンクの湿度を管理するのに使われるが、打ち上げの前に取り除く必要があるものとされている。

antares

Sponsored Link


海外の反応・世間の反応

・原因突き止めることができてよかった。

・無人ロケットだからよかったもののこれが有人だったら。。。

・一瞬で膨大お金が吹っ飛んだようなものだものね。

・沢山のテストを重ねても失敗するんだから大変な事業だよね。

・少しのミスも許されない世界。

・非常に高価な花火だったと思われないように次に繋げてほしいね。

・原因究明して次回は確実にお願いしたい。

 

参照:

Facebook