9日、北朝鮮が中国の携帯電話による国際通話を厳しく取り締まっているとする
報告書を国際人権団体アムネスティ・インターナショナルが発表した。
ordkorea verbietet anruf ins ausland

国際通話で投獄も

報告書の内容は、携帯電話を使って海外へ逃げた家族と連絡を取ろうとした
国民を厳しく処罰、政治犯扱いで収容所に投獄されることもあるという。
北朝鮮政府の見解では、“国外には敵と裏切者しかいない”とし、
ほとんどの国民に対し海外とのコンタクトを禁止している。

闇ルートで中国の携帯電話を使用

北朝鮮での携帯加入者は300万を超えるが、これは独自の電話回線で
国際電話は厳しく制限され使用できないようになっている。
そこで、海外の家族や友人とコンタクトをとりたい多くの国民が中国の携帯電話網
を使って通話しているという。この携帯電は海外の家族などから送られてくることが
多く、密輸させるため国境警備員に多額の賄賂を払っている。中国の高性能な携帯
電話自身も高価だがこの闇ルートの需要も増えているという。

Sponsored Link


ますます世界から隔離される国民

北朝鮮では、国際通話だけでなくインターネット使用も制限されている。
金正恩(キム・ジョンウン)体制になり2011年から、国民へのコントロール、抑制、脅迫が厳
しくなっている。
ある脱北者によれば、北朝鮮当局は携帯電話の違法利用を追跡できる高度な監
視設備を持っているとのことだ。以前は中国国境付近でこっそり国際通話をしてい
たが、取り締まりが強化され、携帯電話の発信を探知する最新機器の導入や、
盗聴の恐れがあるため暗号のようなもの使ったり、数十秒ごとに電話を切らなけれ
ばならないという。私たちがインターネットや携帯電話を使って簡単にできる国際通話
は、北朝鮮に住む国民にとっては命がけのことである。

北朝鮮、国民の貧富の差

国家の顔となるピョンヤンにはエリート中のエリートしか住むことのできず新しいレストラン
や高層アパートが立ち並ぶ。冬に温水プールでたのしんだり、子供たちはレッスンに通
ったり、コンピューターゲームに夢中であるという。
それに対して地方に行けば度々食料危機に見舞われ、農村では田植えシーズンなど
人手が足りない時には子供たちが農作業をする姿は当たり前の光景である。

各国反応

北朝鮮でさんなにたくさんの携帯が普及しているとは以外だ。

そもそも北朝鮮に人権なんて言葉は存在しないだろう

国外に漏れてはまずいことがたくさんあるってこと

ミサイルとかこういう高度な技術を国をよくするいい方向に使えないのかね。

一刻も早く北朝鮮に民主主義が訪れる事を祈ります。