中国では共産党創立95周年の式典がおこなわれていた

Aus versehen schoss Taiwan Marine Rakete Richtung China

1日、台湾の海軍が訓練中に誤ってミサイルを中国本土へ向けて発射、
漁船に直撃し1人が死亡3人がケガを負った。
台湾が謝って発射した超音速ミサイルは2分後に北西約70キロの台湾海峡
にある澎湖諸島近くの海に落下、漁船に直撃し船長が1人が亡くなった。
同乗していたベトナム人、フィリピン人ら3人もケガをした。

Sponsored Link


今回誤って発射されたミサイルは”Hsiung Feng III”、射程約300キロであり、
訓練に備えて選管でミサイルシステムの点検作業中に起きた。
台湾海峡の中国大陸との間の中間線は越えなかったとしている。

当時中国北京の人民大会堂では中国共産党の創立95周年の記念式典
が行われていた。

今回の台湾による誤射が、台湾と中国の関係及ぼす影響に懸念が広がっている。

 

参考
Spiegel