エルドアン大統領が事件後初めてプーチンに謝罪

Erdoan entschuldigt sich bei Putin

昨年11月にシリアとの国境でトルコ軍がロシア軍機を撃墜したことから
関係が悪化していた両国。ロシア側はトルコに経済制裁を行い謝罪を
要求していた。

モスクワのロシア大統領府によると、
トルコのエルドアン大統領はロシアのウラジミル・プーチン大統領に対し、
ロシア軍機撃墜に関して故意ではなかった、「亡くなったロシアのパイロッ
トの家族にもう一度哀悼の意を延べ謝罪したい」と27日書簡で述べた。

Sponsored Link


2015年11月24日ロシア軍機スホイ24がトルコの空域を侵したことで、トルコ軍
が同期をミサイルでを撃墜、パイロット2名のうちが1名がパラシュートで脱出
したが、降下中銃撃され死亡した。

それ以降ロシアはトルコからの食料品の輸入を禁止、さらにロシアの旅行会社
はトルコへのパッケージツアーの販売を禁止にする経済的制裁をとっており、
トルコにとっては打撃となっていた。

トルコ側は、ロシアに関係回復を呼びかけていたが、謝罪がなければそれは受け
入れられないとロシア側が拒否しており、エルドアン大統領がこの件でロシア側に
謝罪を述べたのは事件から7カ月たって初めてのことだ。

参考
Die Welt