強い乱気流が襲った旅客機でイスラム教徒大パニック・動画

Etihad Flugzeug schüttelt stark wegen Turbulenzen4日、アブダビからジャカルタへ向かっていたエティハドエアラインの航空機
A330が強い乱気流に飲まれ31人の重軽傷者が出た。
3名が背骨を骨折する重傷を負った。ジャカルタの空港に着陸する45分ほど
前に期待は激しく揺れ始め、座席で寝ていた乗客が椅子から落ちるほどだっ
たという。
荷物が宙に飛び、頭上の酸素マスクが落ちてきて、天井にはヒビが入ったと
いう。

インドネシアは世界的にもイスラム教徒が多いことで知られており、
乗客のほとんどがサウジアラビアから戻るイスラム教の巡礼者であっ
たとのことだ。

Sponsored Link



病院に運ばれたけが人31人のうち22人は応急手当てを受け病院を後
にしたという。多くは頭にけがを多い、3人が背骨を骨折する大けがを
負った。

乗客が撮った動画にも機内がパニックに陥っている姿が映し出されて
おり、「私たちはみんな死んでしまうかと思った。」「アッラーに助けを求めた」
と話している。
乱気流にあった機体の床には荷物などが散乱、揺れの激ししさが伝わる。
2つの空気の前線が、違う速度でぶつかあったことで乱気流が発生したので
はと運輸保安局が調査している。

 

 

 

参考
Focus
Twitter
Youtube