KLM angriff
KLMの機内で混乱した一人の男が騒ぎを起こし、ほかの乗客によって取り押さえられた。

オランダ・アムステルダム発、北京行きのオランダ航空機内で1月3日の日曜日、副操縦士が男に刃物らしきもので襲われ軽いけがを負った。この事件によって機体の安全が脅かされることはなかったと、KLMは伝えている。

オランダのメディアは目撃者の証言から、副操縦士は刃物またはガラスの破片で男に襲われたとしているが、KLMによって確認はされてない。

航空会社は、「その男は混乱していた」、「KL897北京行きの便のトイレに鍵をかけて閉じこもり、自分自身を傷つけた。」「そして機内のキッチンで副操縦士に軽いがを負わせた。」と説明している。

Sponsored Link


この事件に居合わせた乗客はオランダ誌テレグラフに、この男は取り押さえられ、残りの飛行中、座席に座り、固定されていた。北京に着陸後、約15人の警察官に引き渡されたと、話している。またKLMは、軽傷を負った副操縦士は北京でけがの手当てを受け、オランダに戻ったと説明した。

 

参考:

http://diepresse.com/home/panorama/welt/4898662/Passagier-greift-Copilot-in-KLMMaschine-an?_vl_backlink=/home/index.do

Twitter

KLMオランダ機副操縦士が襲われるの各国反応
テロとかハイジャックだと思った乗客も少なからずいただろう。

搭乗前に不審な点はなかったのか。見落としたのなら、航空会社の責任も出てくる。