銃声が聞こえた、テロ恐怖でパニック

南仏リゾート地でテロかとパニック

南フランスの人気リゾート地コート・ダジュールのジュアン・レ・パンで銃声か
爆発のような音が聞こえたと多くの人が一斉に逃げパニックとなり数十人が
怪我をした。

14日夜ジュアン・レ・パンの飲み屋街で銃声のような音が聞こえ、テロが起き
たと思いこんだ歩行者や観光客がバーやレストランなど身を隠せる場所に逃げ
だしパニックが起きた。
この騒ぎで、けが人が出たと消防が話しているが、はっきりとした負傷者の数
は発表されていない。
爆発音は1台の車から道路に投げられた爆竹のようなものが原因であるようだと
メディアが報道している。

Sponsored Link



地元ラジオ局によるとおよそ40人がけがを負ったとのことだ。
また目撃者によると、特別大きなエンジン音が銃声のような爆音を引き起こし
た可能性があると話している。

現場にいた目撃者の証言によると、音を聞いたと多くの人々逃げ出しパニックが
起こり飲食店の外のテラス席のテーブルやいすはひっくり返った。
消防や救急医などが駆け付け警察は現場を封鎖した。
警察は、パニックを引き起こした原因を捜査に取り掛かった。

7月14日、フランス南部のニースでは、フランス革命の記念日を祝う花火を
見に来ていた群衆にトラックが突っ込むテロが起き、85人が死亡した。

ニースで起きた悪夢のテロから約一カ月、フランスやヨーロッパ諸国でテロ
に対する不安はより高まっている。

パニックの現場映像、机やいすがひっくり返り散乱した通りのテラス

警察や消防が駆け付け現場を封鎖

参考
Spiegel