北フランスでレンヌ起きた治験中の6名が病院に運ばれた事故で、脳死と判定されたのは49歳の最年長ボランティア。
他の5名のうち3名が特に危険な状態である。
健康な28~49歳の健康なボランティアだった。
biotrial
数年前にポルトガルの会社が開発した薬は臨床実験の第一相で
フランスのBiotrialという会社の研究所で行われた。
この薬に関して数年間臨床実験をしていたという。
成果のあった動物実験に続くテストであったこの第一相の実験は、健康な治験者への薬の有効性ではなくて、安全性をテストするものだった。

Sponsored Link


病院に運ばれた6名は最も多い量の投与を受けてた。
128名の男女に治験が予定され、90名が異なった量で薬の投与を受けていたとマリソル・トゥーレーヌ大臣が公表し、メディアで、カンナビスを含んだ薬品と報道されていたがこれに関しても否定をした。
この事故で研究は中止されたと保健省は伝えている。
Biotrialはこの事故に関しての責任問題を認めている。

frankreich medikamenttest
脳死と判定されているボランティアに最初の神経
系の症状が現れたのは今月10日だった。
特に不安障害を持つ精神病患者への鎮痛剤の治験だったという。

参照
faz
Twitter