14日、閉ざされたマケドニアとの国境で1万4000人の難民が足止めをされて
いるギリシャのイドメニから数百人の難民が一斉に川などをわたりマケドニア
の国境を突破した。
この件に関してアテネのギリシャ政府は、
おそらく今回のマケドニア国境突破を引き起こしたのは、アラビア語
で書かれたフライヤーが原因か、と15日に発表した。問題のビラには最後に“指揮官
ノルベルト・ブリューム”と署名され、地図とアラビア語で国境を超えるための
説明が書かれていた。難民らがこのフライヤーをどこで手に入れたかはわかっていない。
idomeni flzer

難民を越境に奮い立たせたビラ

アラビア語で書かれたビラは以下の内容だった。
1.ギリシャとマケドニアの国境は閉ざされており今後もこの状態が続く
2.難民をドイツに送り届けるバスや列車などの手段はない
3、ギリシャに現在滞在している移民、難民はトルコに送還される可能性が
非常に高い
4、不法に中欧や東欧の国にに入ることができたものは残ることができる。
ドイツはまだ難民を受け入れている
5、イドメニの難民キャンプは数日語には立ち退きになる可能性が高く、
他のキャンプ地に移動させられトルコに送還される

Sponsored Link


解決策

1、国境前の柵は国境が閉鎖されていると難民たちをだましている。
柵はここから5キロほど先で終わっていて、柵がないところから
国境を超えることができる。この地図を見てください
2、もしあなたたちが少人数で行動を起こせばマケドニア警察か軍に
拘束されギリシャに連れ戻されるだろう
3、しかし1000人で同時に国境を越えようとすれば、警察はそれを
止めることができないだろう
14時にイドメニのキャンプで集合しよう。集合場所はこの地図を見ること

との内容で、右下に“指揮官、ノルベルト・ブリューム”と書かれていた。

ノルベルト・ブリューム氏とは

ドイツの元CDU労働・社会問題相を務めたノルベルト・ブリューム氏(80)。
この国境突破が起こる数日前、難民との連帯感を表明するために
イドメニキャンプを訪れ、続く雨でぬかるんだ地面にテントを立て難民とと
もに1晩を過ごしていた。
この悲惨な状況を見て“人間性を脅かそうとする行為”と称し、オーストリアや
バルカンルートの国境を閉ざしている国々に対して非難していた。
Norbert Blüm in idomeni camp
イドメニキャンプで難民らの隣にテントを張り1晩過ごしたブリューム氏

ブリューム氏は、誰が自分の名前を使ってこれを作り、誰がこの名前の裏に隠
れているのかわからないとビラを作ったことを否定している。
キャンプを訪れていたブリューム氏は、このようなことが起きてしまうほど難民たちは
絶望の淵にたたされていることを分かっている、そんな状況下で非理性的なことが
起きてしまったことを非難しない、とドイツオンライン誌で話している。

難民がマケドニア国境突破

hunderte Flüchtkinge irregal nach Mazedonien
このビラの指示で数百人の難民が一斉に大移動。多くの難民がこのフライヤーを
手に持っていたという。
数日続いた雨で増水した危険な川をボランティアが用意したロープや人の鎖を使い
越え、マケドニアへと入っていった者も多い。
中には子供や老人もいて、アフガニスタン出身の男女3人がイドメニ付近の川で遺体
で発見された。難民らはこのように川を渡るなどして数時間かけてマケドニアに入ったが
マケドニア警察により拘束された難民はギリシャに送還されるという。
さらに難民のマケドニアへの越境に同行したにジャーナリストとボランティア70名を
拘束したという。

ギリシャから先に進めないシリア・イラク難民

トルコなどを経由してギリシャに渡り先へ進めない難民はギリシャ国内で4万人、
うち1万4千人がイドメニのキャンプに滞在。国境が開かず足止めを受ける難民
は日に日に数を増し、劣悪な環境や食糧不足などで最低の状況となっている。

参考
spiegel
focus
twitter