“新国立”といえば、少し前までは新国立劇場の通称だった気がするのですが
(私の周囲では未だにそうですが)、最近では東京オリンピックのメイン会場となる新国立競技場のことを指して、
頻繁に使われている様です。その“新国立”のデザインが、やっと決定しました。
少し前から“候補案”として一般にも公表されていた中の、いわゆるA案、木と緑を多用した、
大成建設が中心となって建設を請け負うプランです。

Tokyo_Olympic_2020

東京五輪は、エンブレムの“盗用問題、メイン競技場建設プランの白紙化と、
準備段階でケチがついてしまった様な状況でしたので、とりあえず少しホッとしました。
他の皆さんは違うかもしれませんが、私は、”新国立“がどの様なデザインの建設物になるのかという興味よりも、
「やれやれ、決まって良かった」、「建設時期も間に合いそうで良かった」、
「コストも前よりも下がる様でよかった」と、即物的なことばかりに気がいってしまいました。

Sponsored Link



ところが、その後で“新国立”デザイン案の審査過程についての報道を聞いてみると、
決め手となったのは“工期短縮”への取り組みの具体性やバックアップ案、
そして審査の配点はコスト面に関する比重がかなり大きかったとのことです。
こちらも何だか即物的です。更に、審査では外観のデザインについてはほとんどふれられなかったと云います。
時間的に、デザインについてじっくり検討する余裕は無いということでしょうか。
TVなどを通じて世界中に広く披露される施設なだけに、少々残念な気もしますが、
仕方ないですかね。これ以降は五輪にむけて順調に準備が進むことを祈るばかりです。