東日本大震災発生から来月で5年が経過する。震災から4年11か月たった11日、
福島県と宮城県で警察や多くのボランティアによる震災の行方不明者の
手がかりを求めて捜索が行われた。
東日本大震災から4年11か月

復興計画のための工事や埋め立てなどが進められるなか捜索できる
範囲も次第に狭まってきているという。
宮城県気仙沼市では近く埋め立てが工事が予定されている外尾川河口付
近で警察によるの集中捜索が行われ、川底や体積物を探っていた。
気仙沼市ではいまだに220人の行方が分かっていないという。

Sponsored Link


捜索に参加する人たちは、まだ行方不明者はまだいる。待っている
家族のために、何か返してあげたいという。
2011年3月11に起きた東北地方太平洋地震とそれによって引き起こされた大きな
津波で2558人の行方がいまだにわかっていない、来月で震災
から5年になるが、警察庁は今後も行方不明者の捜索を続ける方針だという。
参考
Twitter
Yahoo