フランス人男性が、違法でないのにロシア人の妻を大型のスーツケースに隠して欧州連合(EU)域内に「密輸」させる計画を実行し話題に。

60代とされる男性は13日、ベラルーシと国境を接するポーランド東部のテレスポル(Terespol)駅で国境警備当局にあまりにも大きなスーツケースを持っていたことを理由に身柄を拘束された。

ポーランド国境警備当局の報道官は、「驚いたことに、スーツケースから30代の女性が出てきた。男性の妻のロシア人で、健康状態は良好。診察を受ける必要もなかった」と説明。

夫妻はモスクワ(Moscow)から列車に乗り、仏ニース(Nice)へ向かう途中だった。取り調べを受けた後すぐに釈放されたが、ベラルーシに戻ることに決めたと話していたという。

尚、夫妻はシェンゲン協定(Schengen Agreement)によって定められた域内を妻が旅券(パスポート)なしで往来できることを全く知らなかった。EU市民の配偶者は域外の出身でも、婚姻関係を証明できればシェンゲン圏への自由な出入りが認められている。

suitecase

Sponsored Link


海外の反応・世間の反応

・よくあんな狭いケースに入ったな。

・何か隠し事でもしていたのか?

・実は結婚していなかったとかか。

・本当に合法だったことを知らなかったのか?

・普通はロシア人はビザが必要だからね。

・ケースから人間が出てきたら誰だってびっくりだよ。

・やってみたかっただけじゃないかな。

 

参照:

Facebook