そろそろ秋も本格的になり、冬が近づいてきましたね。海外旅行好きの方は、
お正月休みなどの旅行先についてあれこれ迷っているかもしれません。北半球の赤道に近い地域の多くは、
気温が下がるこれからベストシーズンですし、南半球で春から夏に向かうオセアニアへの旅も魅力的です。

ところで、俗に“若い時には時間はあるが金が無い、年をとるとお金はあるが時間がない”と言いますが、
旅行好きの方は共感しやすいのではないでしょうか。ある程度年をとって貯金はたまっても、
仕事や子育てが忙しくて長い旅に行きにくくなってしまうことは多いのではないかと思います。

そして私は最近、年をとって無くなるものは時間だけではない、と、しみじみ気付くことがありました。

Egypt

Sponsored Link


実は学生時代から、「夏休みのエジプト旅行はすごい穴場に違いない」と考えて、早く行きたい、
今年こそは行きたい、とチャンスを狙っておりました。仕事やプライベートの都合が合わず、
実現できないまま長い時間が経っていたのですが、実は今年になって、漸くお盆の予定をすっかり空けることができたのです。

8月のエジプト旅行は、経験上では、お盆休みで航空運賃が跳ね上がることも少なく、
早々に売り切れることもなく、お得に気軽に行けます。欧州からのバカンス客も真夏は避けがちなので、
ホテルも観光地も比較的空いています。だからお薦めの穴場だと考えていたのです。が、真夏のエジプトは当然暑い、いや、熱いのです。
カイロの気温自体は日本の夏とさほど変わらないのですが、赤道付近の直射日光がギラギラと降り注ぎ、
道端にペットボトルを置けば、10分ほどでお湯になり、塗装技術が高くないアスファルトはベタベタし始める、と聞きます。
しかもエジプトは観光名所のほとんどがアウトドア、王家の谷があるルクソールはピラミッドのあるカイロよりも南ですので、更に苛酷になります。

Egypt

学生時代は、「湿度がない方が暑くても過ごしやすいんだから、日傘でもさしてれば平気平気!」と笑い飛ばしていた記憶があります。
今年の春、エジプト目指して航空券検索サイトを開くまでは頑張ったのですが、「そういえば去年7月の台湾旅行では、
湿気の高い暑さに負けて昼間はホテルでゴロゴロしてばかりだった」、という厳しい現実を思い出して、
ため息をつきながらサイトを閉じたのでした。年を重ねると、旅の技術やコツは高まりますが、体力と根性はどうしても落ちてしまいがちなのですよね。

来年こそは長年の夢を実現したい、と、体力作りを心に誓ったしだいです。