毎年4月23日はビール純粋令“Reinheitsgebot”を記念しドイツ各地でビール
の日としてイベントが開催されます。

_DSC0077_compressed
2016年はバイエルンビール純粋令の500周年となり、ビールを愛する
バイエルン州のミュンヘンなどで大々的なビール祭りが開催されます。

ビール純粋令とは

REINHEITSGEBOT 500
1516年4月23日にバイエルン公国ヴィルヘルム4世が現在の
インゴルシュタットでビール純粋令を制定しました。
これは現在でも有効である食品に関する世界最古の法律です。
この法律ができるまでは、ビールに色々な材料を混ぜていて、
毒草が入っていたこともありました。
これを受けて、ヴィルヘルム4世がビールの品質の向上を目的として、
“ビールの原料は大麦、ホップ、水のみしか使用してはいけない”という
法律を発表しました。(16世紀半ばに酵母が加えられました。)
この法にのっとていないものはビールと呼べないわけです。

ドイツでは現在でもこの伝統的製造法が受け継がれています。

Bierbräu schenke
ちなみに国際的な法律として、ドイツ全土でビール純粋令が発布された
のはバイエルンで制定されてから約400年後の1906年です。
基本的にはドイツビール純粋令として同じに扱われているようですが、
今回500周年になるのは、現在の基盤となったバイエルンビール純粋令
となります。

Sponsored Link


ビール純粋令500周年の特別イベント

暖かくなってくると、バイエルンでは多くのビアガーデンがオープンし、昼間から
1リットルのジョッキでビールを飲む地元のドイツ人の姿を見かけます。

ミュンヘンでは7月22日から24日まで、オデオン広場などを中心に3万㎡
に渡り会場が設けられます。さすがビールの街バイエルン!

バイエルン州125の醸造所が集まり、この最古のビールに関する法律に
のっとった数えきれない種類のビールが、0,3リットル(ミュンヘンでは珍しい)の
お試しサイズで3ユーロで楽しめます。(基本的にミュンヘンでは0,5リットルか
1リットルでしかビールは提供されません)
普段は観光地などではなかなかお目にかかれない珍しいビールとの出会いや、
醸造者から直接ビール造りの話を聞くチャンスも。

reinheitsgebot lederhose
更に白ソーセージをはじめとしたバイエルン地方各地の伝統料理が味わえ、
特設ステージでは伝統の民族衣装でのダンスやバンドミュージックなど様々
なプログラムが予定されています。

ミュンヘン中央駅からから電車で約1時間、ビール純粋令が発布された
インゴルシュタットでも4月22日から24日まで記念イベントが行われ、ビール醸造所
らによるパレードも見ることができます。

インゴルシュタット、ビール純粋令500周年イメージビデオはこちら

参考
http://500jahre-reinheitsgebot.com/
http://www.ingolstadt-tourismus.de/

ビールイベント盛りだくさんのドイツバイエルン。
今年は例年より暖かく、3月半ばから多くのビアガーデンがオープン
ビール好きな方にはぜひ参加していただきたいビール純粋令500周年
イベント。自然と文化に囲まれたバイエルンには他にも多くの見どころがあります。

 

 


ドイツの各都市のホテル簡単オンライン予約はこちらから



Booking.com