オーストリア極右政党のオーストリア自由党が同国大統領選挙の
初戦で他党に差をつけ勝利をおさめた。このニュースを欧米の
メディアは、ヨーロッパに右の風が吹くと一斉に報じた。

オーストリア自由党が選挙で勝利

オーストリア大統領選挙でのオーストリア自由党の候補
ノルバート・ホーファー氏(Norbert Hofer)は差をつけて
勝利をつかんだ。最初の選挙結果によれば、投票されたうちの
37%を同氏が獲得した。世論調査ではホーファー氏は2位になる
可能性が高いと見られていた。

世論調査で1位と見られていたのは、オーストリア緑の党の
アレキサンダー・ファン・デア・ベレン氏(Alexander Van der Bellen)だ。
同氏は現時点で21.3%を獲得し、2位でホーファー氏の後に続いている。
今回6名の候補者が出馬しているが、そのうちの誰も過半数に届かなかった
ことにより、5月22日に決選投票が行われる。

Sponsored Link


今回の選挙ではオーストリアの歴史の中で初めて、
社会民主党とオーストリア国民党が候補者を立てていない。
一連のヨーロッパでの難民の問題が国民の不安を煽り、
今回の結果に繋がったとも見られている。
同国首相のヴェルナー・ファイマン氏はこれまでドイツ首相のメルケル氏の
難民政策をサポートしていたが、今ではメルケル批判論者の一人となった。
同国国境閉鎖を決め、ギリシャやイタリアとの対立を作った。

オーストリア選挙の映像

参照:
Spiegel