レバノン軍が過激派組織イスラム国の最高指導者アブバクル・バグダディ容疑者の妻と子を拘束したとレバノン紙などが現在報じている。
バグダディ容疑者の複数いる妻のうちの第2夫人であるとも報じられている。
11月23日にシリアからレバノン北部に入ろうとしたところを国境検問所で拘束されたようだ。

その女性は偽造した身分証を所持していた。
拘束に際にレバノン軍は外国の情報機関の協力を得たと主張している。
その女性は現在国防省で取り調べを受けているところだ。

レバノン当局はまだ詳細を明らかにしてしない。
女性と一緒にいた子供がバグダディ容疑者の息子か娘かは不明だ。
ロイター通信はその子供がバグダディ容疑者の子かどうか現在DNA鑑定を行っていると報じた。

ISIS

Sponsored Link


レバノン軍がイスラム国の最高指導者の妻子拘束をしたとの情報への海外反応

一体何人奥さん持っているんだ!?

シリアからレバノンに入ろうとしたって事は、イスラム国に嫌気がして逃げたってこと?

バグダディ自体この間のアメリカ軍の空爆でまだ生きてるかどうか怪しいところ。

要は、指導者が不在のイスラム国に不安を感じて逃げたのかな。

イスラム国の勢力が拡大して以来、多くの若者がシリアに渡っています。早くこの悲劇が一日も早く終わりますように。
参照:
朝日新聞