日本の安倍総理が今年の年末に衆議院解散選挙を行う事を発表した。
同時に、増税も2017年へ延期した。
解散選挙を通じて、安倍氏は自身が図ろうとしている経済活性化の後ろ盾を確実にしようと思っているようだ。
11/21に衆議院自体は解散する事になっている。

海外でもこの解散総選挙の件は報道されている。
増税は本来ならば、2015年の10月に実行されるべきものであったが、
安倍氏は2017年へ先延ばしした。
また、今回の選挙で安倍氏の政策実行に当たっての後ろ盾の確保を目論んでいる。
不安定な野党の状況を考慮すると、安倍氏の与党、自民党が多数票を確保するのは明らかだ。
増税の延期は、この総選挙で円を上げることを助けた。

安倍・衆議院解散選挙

Sponsored Link


海外反応は

安部さんも終わりだな。次の大臣たちに多くの問題を投げる気か。

安倍のおかげで円が強くなってヨーロッパ人的にはいいんだけどね。日本への旅行が数年前よりもかなり快適に!

どうせ日本の野党は落ちぶれているから、自民党圧勝は明らか。

日本人のメンタリティは汚職政治家にとっては、最高なのかもね。

福島の事も含めて問題はたくさんありそうですね。ところで、国債はどうなっているのかな?

参照:

FAZ