北朝鮮の総書記キム・ジョンウン氏はシンチョン(信川)虐殺事件のためのシンチョンにある博物館を訪れた時に、
アメリカ軍の戦争で引き起こしたことを非難した。現在のアメリカのそのキム氏の発言に対して「宣戦布告」と称している。

北朝鮮での人権侵害に関する国連の決議確定の1週間後に北朝鮮の総書記キム・ジョンウン氏は朝鮮戦争時のアメリカの戦争犯罪に関しての博物館を訪れた。
その博物館で展示されているシンチョン(信川)虐殺事件での出来事の記録は、「アメリカ兵は食人種から成り立っている」と北朝鮮の国営放送は火曜日に報道した。
「戦時中にアメリカ兵は虐殺を楽しんでいたのでは」と北朝鮮はアメリカを批判した。
1950年のシンチョン(信川)虐殺事件では、民間人約3万5千人が殺害された。

国連総会の人権委員会が1週間前の火曜日に北朝鮮を国際司法裁判所へ連れてくるという決議を通した。
安全保障理事会はその文書の中でオランダ・ハーグにある国際海洋法裁判所をピョンヤン(平壌)への処置として委任する事を発表している。
決議は12月の更なる国連総会で通過するに違いない。しかし、安全保障理事会でロシア・中国が拒否権を行使する可能性もある。
北朝鮮キム・ジョンウン

Sponsored Link



北朝鮮キム・ジョンウン氏の発言に対する海外反応

北朝鮮最近メディアに出てこないなと思ってたらまたこんなことになっているのか。

発言は発言でどうかと思うけど、この髪型は一体何か意味があるのですか?

このシンチョンの博物館って噂の心霊スポットのことかな。
参照:
FAZ