ロシアの半国営企業のガスプロム(Gazprom)がガスが供給されていないにも
関わらず、約23億ユーロ(日本円で約3000億円)の請求書をウクライナのガス企業
ナフトガス(Naftogaz)に送りつけたと欧州メディアは伝えた。

ガスプロム

この請求書は罰金として送られており、支払いは10日以内に行われなければいけないとされている。
しかし、ウクライナはスロバキアなどの欧州諸国からガスを購入しており、
2015年の3半期にはロシアからはガスは全く購入されていなかった。
しかし、ガスプロムは、2015年の3半期にウクライナ政府が、
約10億立方メートルの自然ガスを買い上げたとしている。

ウクライナの現在までのロシアからの負債は、約30億ドル(日本円で約3600億円)と
されている。また、ガスプロムとナフトガスはストックホルムの
仲裁裁判所でお互いに訴え合っている。

Sponsored Link


ウクライナはガスプロムのあまりにも高いガス代に対して、
約15億ユーロ(日本円で約2000億円)を要求し、
それに対して露西亜のガスプロムはナフトガスの未払いに対して、
22億ユーロ(日本円で約3000億円)を要求している。

参照:
n-tv