東京地検特捜部が19日に先日解党したみんなの党の元代表・渡辺喜美氏の金銭借り入れ問題で、
渡辺氏から任意で事情聴取を行ったことが明らかになった。

渡辺氏の問題に関しては、最大手化粧品会社のDHCの会長から8億円を借りたことや、
渡辺氏自身が代表を務めているる政治団体の関連口座から、約1億7000万円を借りていたことが判明し、
さらに、このやり取りは団体の収支報告書に記載されていなかったようだ。

関係者からの情報によれば、東京地検特捜部は19日に政治資金規正法違反の疑いで渡辺氏本人から事情を聴取し、
それは政治資金ではないので、全く問題はありませんと、渡辺氏はこれまでと同様に説明を行ったと報じられている。
刑事責任の有無を慎重に判断する方針を特捜部は発表している。

Yoshimi Watanabe_渡辺喜美

Sponsored Link


元みんなの党渡辺氏が特捜部から任意聴取を受けるへの世間反応

渡辺氏だけではなく、他の政治家も叩けばほこりが出てくるであろう。

みんなの党も崩壊して散々ですな。。。

政治家というもの自体に疑問だよね。なんのために選挙やっているのか、わからなくなってきた。

政治家になるイコール金持ちになるということ。金持ちになれば、いろいろなところから目をつけられるわけ。

日本の野党は本当にだらしない。自民党と互角に戦える野党が必要だな。

参照:
NHK
フジテレビ