国際司法裁判所があるハーグで、特別法廷がコソボ独立戦争時の
コソボ解放軍の戦争容疑を検証するとのことだ。
コソボ解放軍は当時、捕虜を射殺し、その臓器を売買した疑いを持っている。

コソボ内戦中の解放軍による戦争犯罪を追求しするためにハーグの特別法廷は開かれた。
オランダ政府は、コソボ内戦中に少数民族や政治的反対派への犯罪に従事していた
コソボ解放軍のメンバーへの追求が行われると発表した。

Kosovo_KLA

欧州議会が後ろ盾となっている特別議会設置は、昨年の夏にコソボ議会で
激しい討論の後可決されていた。
しかし、野党は選挙をボイコットした。コソボは数年来アメリカやEUから
特別法廷を設置する事への強いプレッシャーのもとに立っていた。

コソボ内戦中にコソボ解放軍は即決裁判での射殺や誘拐などを行い、
捕虜の臓器を売買していたとされる。また、2008年から2014年の間に
国家党首を務めていたハシム・サチ(Hashim Thaci)は当時の指揮官であり、
サチの名前も挙げられている。

Sponsored Link


コソボは2008年にセルビアから国連主導のもと独立した。
コソボ紛争事態は1999年にNATO介入後、セルビア軍のコソボからの撤退で終わりを迎えた。
この内戦で少なくとも1万3千人の人が亡くなったとされている。

セルビア政府及びコソボのセルビア系住民は未だにコソボの国家としての独立を認めていない。
プリシュティナとベオグラードの関係正常化は、セルビアにとっては、EU加盟への前提条件となる。
コソボもEU加盟を目指している。

参照:
tagesschau