トランプ氏インタビューでまたまた暴言

trump  beim Thema  Abtreibung
アメリカ大統領選の共和党の指名候補争いでトップを走る
不動産王のドナルド・トランプ氏のインタビューでのある発言
がまたまた波紋を呼んでいる。

30日、MSNBCのインタビューで人工中絶は禁止するべ
きとの考えで「人口中絶をした女性を何らかの形で罰するべきだ」
と発言した。

Sponsored Link


中絶反対派からもたたかれるトランプ発言

この失言直後からライバルの民主党だけでなく同じ共和党内の政治家、
中絶賛成団体はもちろん中絶反対を訴える団体からも激しい非難を浴びた。

同共和党のジョン・ケーシック氏も中絶反対派だが、人工中絶に対して
「強姦や、近親相姦、母体に命の危険が及ぶ場合は例外だ、もちろん罰
せられるなんてあり得ない」と話しトランプ氏が女性のことを何もわかっていない、
自分の発言にして無理解すぎだと批判した。

更には多くの女性を一気に的に回したことになる。
さすがにこれはやりすぎだ。

急きょトランプ氏はこの発言を撤回、
罰せられるのは中絶した女性ではなく、違法行為である中絶手術を施した
医師である、女性と子宮の中の命は被害者だトコメントした。

ライバルである民主党のヒラリ-・クリントン氏は自身のTwitterでトランプ氏を
何件ものコメントで非難、“女性の権利を冒涜する者はホワイトハウスに近づけ
てはいけない”と動画付きで投稿している。


今後もトランプ氏の軽はずみな発言や女性や移民を対象としたとした差別思考
などが叩かれていくだろう。

各国反応

この人はなんて問題発言が多いんだろう。国の代表候ががこんなんでいいのか。

アメリカは大丈夫か

口を開けば問題発言。いつもニュースになるね

トランプが候補だってことが今でも理解できない

医師に責任があるって、どういうこと。。。

威勢がいいだけでは、クラスの学級委員止まりです

ヒラリーもここぞとばかりの攻撃だ

参考
Spiegel
Twitter