アメリカ・ミネソタ州に住む現在68歳の盲目の男性アレン・ズデラートさんは
約20年前に視力を失い変性眼疾患と診断され失明した。
そして、10年前に妻のアンジェラさんと結婚したが、
これまで妻の顔をみることができなかったアレンさん。
しかし、ミネソタ州にあるメイヨー・クリニックが
Second Sight製の人工網膜デバイスのプロトタイプをアレンさんに贈ったことにより、
結婚から10年後に初めて妻の顔を見ることができたのだ。

Minnesota

感動の動画は以下。
頭につけているのは視覚をサポートする装置。

Sponsored Link


参照:
Twitter
The Guardian